不動産名義変更にかかる税金

不動産名義には、各種税金がかかり、かなり高額なお金のやり取りが行われます。税理士や司法書士などの専門家に代行してもらうなどの対策が必要です。

不動産名義変更の仕組み

不動産名義変更にかかる税金

不動産名義を変更するにあたって、書類と共に必要になるのが「税金」です。

どのくらい税金がかかるのかは、国税庁のホームページを参照したり、税理士などの専門家に相談するなど事前に知識として調査をしておくのが望ましいでしょう。

その税金は、名義変更の目的によって違います。

相続の場合は「相続税」「登録免許税」、贈与の場合は「贈与税」「不動産取得税」「登録免許税」、そして売買の場合「不動産取税」「登録免許税」が必要になりますが、他にも、「印紙税(契約書などを作成した時に必要)」「譲渡所得税(不動産の譲渡により利益が発生した場合に必要)」「消費税(取引をする人が事業者の場合に必要)」などなど、不動産名義変更にかかる税金は種類も多く、必然的に高額なものになります。

よって、専門家のアドバイスを受ける事が大事です。

専門家のアドバイスがあれば、減税や免税などの節税も可能です。

税理士や司法書士に変更手続きを代行してもらうのも確実な方法です。

代行費用は5万円から15万円程度の費用も必要になってきます。

高額なお金が動きますから、簡単なことではなく、慎重に確実に行うことが必要になります。

代行するにしても、知識をしっかりと入れておきましょう。

< お役だち情報サイト >
建設産業・不動産業 - 国土交通省

Copyright (C) www.rebeccairelandmusic.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更の仕組み