不動産名義の手順

不動産名義の仕方も把握しておきましょう。方法は名義変更の理由(贈与・財産分与など)によって違います。それぞれしっかり把握し、法務局で手続きを行います。

不動産名義変更の仕組み

不動産名義の手順

不動産名義の仕方・方法・手順も把握しておきましょう。

方法は名義変更の理由によって違います。

理由が相続である場合は、手続きの当事者の一方が亡くなっていますので、手続き自体は、相続する人が1人で行うことになります。

相続人の戸籍謄本や、不動産が誰の所有のものなのかを決める協議をします、亡くなられた方の遺言書がある場合はその内容に沿って手続きをしていきます。

贈与が理由の場合は、手続きする当事者(贈与する側と贈与される側)が一緒に、法務局で手続きを行います。

贈与契約書の作成、著名捺印をして、申請書も提出します。

贈与の場合は、専門家に手続きを代行をしてもらうと簡単に行う事が出来ます。

手続きの手段のひとつにしておくとよいでしょう。

財産分与の場合は、当事者が一緒に法務局で手続きをおこないます。

最初に、財産分与協議書を作成します。

双方が、協議書に著名捺印します。

その際は実印が必要です。

そして印鑑証明書を添えなければなりません。

その上、申請書を用意して、法務局に提出します。

このように、不動産名義変更の手続きは、理由によって多少の違いがあり、双方のスケジュールを合わせる必要があるので、大変な作業であると言えます。

< お役だち情報サイト >
建設産業・不動産業 - 国土交通省

Copyright (C) www.rebeccairelandmusic.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更の仕組み