贈与による不動産名義変更

不動産変更名義の理由として「贈与」があります。贈与は、贈与税の他にも諸税金がかかり、高額なやり取りが必要なので、双方の同意が必要です。

不動産名義変更の仕組み

贈与による不動産名義変更

不動産変更名義の理由として「贈与」があります。

贈与は文字通り「贈る」ことです。

つまり、不動産名義を自分から自分以外の人に贈る事です。

どういったケースがこの「贈与」にあたるのでしょうか。

それは、所有者が自分の財産である不動産を財産相続人に譲る事です。

具体的に言うと、親御さんが自分の息子・娘に、自分の財産である「不動産の名義」を譲る事が挙げられます。

いわゆる「生前贈与」といって、家族に資産を残したい人が行う不動産名義変更になります。

この場合は、不動産の登記簿上の名義を譲り受ける人への名義変更が必要です。

将来、相続などの事で争いごとを避けるために、不動産名義の生前贈与を行う方もいらっしゃいます。

ただし、税金の控除をしないで贈与手続きを行うと、高額な贈与税がかかってしまうのが難点。

不動産は通常、高額なやりとりになるので、控除などを利用しないで行うと高額な贈与税がかかります。

また、贈与によって土地・家・マンションなどを獲得した場合、不動産取得税、という税金もかかることになります。

この税金は受け取る側が税金を納めます。

いずれにせよ、贈与する場合は高額な金額が動くことになりますので、贈与する側・される側双方の同意が必要です。

< お役だち情報サイト >
建設産業・不動産業 - 国土交通省

Copyright (C) www.rebeccairelandmusic.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更の仕組み