不動産名義は必ず、早めに行いましょう

不動産名義変更は、手続きの不便さ、手順の手間などを理由にほおっておく方もいますが、そのままにしておくと相続人が増える等面倒な事が増えます。早めに行いましょう。

不動産名義変更の仕組み

不動産名義は必ず、早めに行いましょう

不動産名義変更は、手続きの不便さ、手順の手間などを理由に、行わないで(特に相続の場合)そのままにしておく方が見受けられます。

不動産の手続きが面倒なため、手続きをする人を譲り合っていたり、「長男が不動産名義を相続するもの」との思い込み、名義変更をしなければならないがなんとなく時間が過ぎて・・・といった事が理由として挙げられます。

しかし、名義変更をせずに所有権をそのままにしておくことは今後の相続にも悪影響を及ぼす場合がありますので、手続きが必要になったらなるべく早く手続きを行いましょう。

では何故、そのままにしておくと悪影響を及ぼすのでしょうか。

多いケースは、時間の経過に伴って、“自分自身以外の相続人”の協力が得られにくくなる、ということです。

財産分与などの場合は双方の書類が揃わないと手続きが完了しません。

必要な書類も印鑑証明や戸籍謄本など、本人でないと取得できないものばかりです。

不動産名義変更を行わず放っておいたまま、もう片方の相続人が亡くなってしまうとその相続人の家族に、所有権が移ることになり、更に手続きに必要な書類が増えたり手続きの手順も増えていきます。

ですので、不動産名義の変更手続きはなるべく速やかに行いましょう。

< お役だち情報サイト >
建設産業・不動産業 - 国土交通省

Copyright (C) www.rebeccairelandmusic.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更の仕組み