不動産名義変更とは

その土地や土地に立っている建物の所有権を自分以外の人に譲る場合などには名義変更が必要です。理由により必要な書類も違うので専門家のアドバイスがあるとよいでしょう。

不動産名義変更の仕組み

不動産名義変更とは

不動産には、その土地や土地に立っている建物には「誰のものであるか」という所有権が存在しています。

その所有権を自分自身以外の人に譲る場合、または不動産の所有者がお亡くなりになり、その家族の誰かが新たに所有者になる場合に、必要な手続きの事を、不動産名義変更といいます。

不動産名義変更には正式な名称があり「不動産の所有権移転登記申請」といいます。

不動産名義変更は必要な申請です。

所有者が変更になっても名義変更をしていない場合が多いようです。

不動産名義を変更する主な理由には「相続」「離婚」「売買」「贈与」「財産分与」などがあげられます。

いずれにせよ、不動産は大きな財産ですから、所有権を明確にしておくことが、必要になります。

名義変更は全国の不動産を管理している「法務局」に書類を提出して行います。

提出する書類は、名義変更をする理由により異なります。

贈与や分与の場合、所有権をもらう側(分与を受ける側)と与える側(分与をする側)それぞれ違います。

印鑑証明や固定資産税の評価証明書、権利書、相続の場合は戸籍謄本など、大変重要な書類が必要ですから、専門家のアドバイスや手ほどきを受け、名義変更は慎重に行いましょう。

< お役だち情報サイト >
建設産業・不動産業 - 国土交通省

Copyright (C) www.rebeccairelandmusic.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更の仕組み